お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

ハタタク&ババタクコラボ DB UMA

DB UMAとは?

D=ダウザー俺達。
B=ババタク

UMAとはこの新しいルアーたちが地球上に存在しない未確認動物のフォルムに仕上がったことと、彼らの名前にある「馬」が由来となっている。

秦が目指したのは一つのリグに特化したものだとすれば、馬場がめざしたのは徹底したローカリズムとベイトに特化。
共通するのは、必要に駆られて現場から生まれたデザインだということ。

たしかな釣果と実体験から生まれた、微波動とロールアクションの生み出す新しいルアー、それがDB UMA。

フリーリグから生まれた未確認生物 DB UMA FREE

フリーリグのメリットは沈下時にシンカーとルアーが離れ、シンカー着底後ルアーがフリーになることで、ルアーが自重でフォールし、スピードとアクションの差でバイトを誘発します。

フリーリグのメリットに着目し、フリーリグ専用として設計したDB UMA FREEは、楕円形状のボディに縦扁平の大きなテール、そして左右の小さなアームから形成されます。

特徴的なアームは微波動を発生させ、テールの先まで振動を伝えると共に、必要以上に移動させない為のブレーキの役目も果たします。これにより、イメージ通りの操作が可能となりました。

霞水系から生まれた未確認生物 DB UMA KASUMI

よりシラウオパターンに特化したワームが欲しい。馬場拓也が求めたのは、シルエットとテールの先まで伝わる微波動だった。

シザーコームから特徴的なシザーハンドを引き継ぎ、極細ボディと極薄テールを採用したことで、より細かな微振動をボディとテールに伝えることが可能になりました。また、0.9gのジグヘッドを使用したカーブフォールでも、しっかりとシザーハンドが動くように設計しました。

遊泳力の弱いシラウオに極力近づけることで、シラウオもワームの後ろを追尾するほど。まさに、シルエットと微波動を凝縮したマッチ・ザ・ベイトです。

完成形から見えた可能性

DB UMA FREE、DB UMA KASUMIともにサンプルが完成し、テストを重ねるうちにいずれも専用設計の枠を越え、あらゆるリグにも高い次元で対応することが判明。

この先はこれから行われるフィッシングショーの各会場にて、開発した二人が余すこと無くお伝えします。
開発した本人から直接聞けるまたとない機会なので、ぜひジャッカルブースへお越しください。

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

PAGE
TOP